品貧生活研究所

目標︰街中に古本屋開業。小ナリワイ実戦研究中。汐入連合体育振興会副会長。横須賀市(神奈川県)⇔旭市(千葉県)の二拠点生活中。

【感想】〜紫煙の井戸端〜贈与喫茶エレファント

先月に引き続き、家で無料カフェをやりました。その感想です。

【探すことをやめた時に見つかるパラドックス】

来客を待てども来ない昼下がり。誰も来ないなら、声掛けだと、サンダルを突っかけ外に出る。会いたい人がいたから。

〜〜〜

一年前、金曜日の深夜。バイト帰り。谷戸の階段を登る僕。見上げる先にはおばあさん。

おばあさん、こんな夜中にお出かけですか?

1人で歩くには十分だが、擦れ違うには「声」がいる。そんな階段を僕等は登る。

《あら、もしかしてあなた?「カフェ近日OPEN」の、看板を出している子って?》

そうですよ。見知らぬおばあさん。

看板を立てるのは得意なので。

恥じらいセンサーが壊れていますので。

〜〜〜

横須賀は狭い。
汐入は狭い。
谷戸はもっと狭い。
ここは東京ではないの。

だから、逆に、早いのよ。
伝わるということは。
ちほうの、良さ。

はい。何か、カフェっぽいものをと。

《凄いわね。楽しみにしているわ》

はい。

子どもは素直だから。

真に受けるの。

褒めるとは言い訳を与えることである

何か理由が無ければ、正義の味方にも悪の化身にもなれない。誰かの「せい」にして、カッコよくやりたいなら。

ステごまのような、言葉を、僕はいつも、ポケットに入れて、山を降りる。路で町内の子どもに会ったら、それを分けてあげる。飴玉のように、気楽に。

〜〜〜

とまぁ、カッコつけはもう、満足なのですが、まぁ、そのおばあさんとたまたま会って(草刈り中のおばあさん)、て言うか、会えたらいいなと思って、「チョキチョキ」音のする方向へ進んだのだからそれは僕の狙い通りで。《今日はこんな格好だから》と、ご遠慮して下さったけれど、チラシをお渡しできた。なので、来月は来てくれると嬉しいな。

【谷戸の歴史】

今日はきんじょのお姉さま方がいらっしゃって下さり、煙草を燻らし、お喋りしてくださいました。贈与品もくださいまして、大変に嬉しかった。読書に夢中になってて、来店してくれた瞬間、世界が嬉しい混乱を来たしました。

瞬間のために生きる。

なんてね。

【贈与品】

・自家製梅酒(青年会のおじ様)
・麦チョコ(千葉のオジキ)
・ムーミン紅茶(継続:埼玉のタイガーマスク)

以下きんじょのお姉さま方より

・ドーナッツ×4
・ドクターペッパー×3
・かぼちゃ
・うどん(乾燥のいいやつ)

f:id:fuchiwakitsutomu:20190720182124j:plain

【日本海軍と汐入谷戸】

お姉さま方と、煙草をスパスパお茶出来て、嬉しかった。尽きない会話と、それに比例して渦高くなる灰が、次から次へと、いただき物の扇風機で飛ばされる。でも、たいして、気にならない。そういうのが、僕は好きだ。
その中の1つ。

100年前の話。

汐入谷戸には海軍の将校しか住めなかったそうな。横須賀のベースがまだ、日本であった時代。そう、歴史の話だ。

僕等は連なる。

歴史や土地に。

受け入れることだ。

何だって。

ほんと、何だって良いのだ。

キャバクラだって
会社だって
カフェだって

【御礼】

今回も色んな人に助けられました。
身銭を切らずに喫茶を楽しみました。
ありがとうございます。
粘着質なので、しつこく、次も。
またお願いします。

f:id:fuchiwakitsutomu:20190720183342j:plain↑第三の男よりの贈与品。示唆に富む。

8月は、24日の土曜日に開催予定です。

【追記】

当日の夜、追加で贈与品をいただきました。

f:id:fuchiwakitsutomu:20190724220029j:plain

メロン🍈スイカのように豪快に、贅沢を噛みしめていただきました。一人では食べ切れない量だったので、隣の家のオヤジにも、おすそ分けしました。それが嬉しかった。

f:id:fuchiwakitsutomu:20190724220414j:plain

乾燥麺をいただいきました。次回の贈与喫茶でお出しする予定です。なので、お昼頃のご来店がオススメ?!