品貧生活研究所

目標︰街中に古本屋開業。小ナリワイ実戦研究中。汐入連合体育振興会副会長。横須賀市(神奈川県)⇔旭市(千葉県)の二拠点生活中。

谷戸。それ即ち次男の系譜

谷戸について書きたいが、まとまらない、メモです。

・春先に測量屋が来た
・きんじょの空き家の行政代執行的なアナウンスを見た
・横須賀谷戸の歴史は地方の次男坊の変遷である、恐らくは史実
・歴史と自分を重ねるナラティブの兆し
・局地的「地方」として谷戸の可能性

要するに、谷戸は面白いと伝えたいのだが、僕にはうまく伝える能力が足りない。でもそれは努力で補えると、信じている。だから、今、再び文章講座に通っています。全3回だけれども、僕は僕の言葉を鍛えたい。自分が、他者が、読むに耐えうる言葉の生成羅列を僕は僕自身に要請する。

僕僕僕僕…

まるで御経のように頭を巡る希望と絶望

いつかきっと、もっともっと、あなたに届く言葉を僕は持ち得るだろうと、酔っ払うと、調子に乗るので、信じられる。

でも、ほどほどに。

〜〜〜

来月は、銚子の波に乗りたい。

なんて、言葉と戯れて、孤独と不安を紛らす真夜中の感想。

f:id:fuchiwakitsutomu:20190720014220j:plainクールダウン中です