品貧生活研究所

目標︰街中に古本屋開業。小ナリワイ実戦研究中。汐入連合体育振興会副会長。横須賀市(神奈川県)⇔旭市(千葉県)の二拠点生活中。

読書カフェ汐入⇒カフェグレース OPEN

どうも。

 

カフェってますか?

 

昨日、カフェって来ました。

そのことを報告します。

 

【2019年3月31日OPEN】

 

京急汐入駅徒歩20秒にそのカフェはあります。

 

平成30年度の最終日にOPENしていたようで、僕は、昨日2019年5月24日に初めて来店しました。閉店(20時)直前の19:30~19:50と、短い滞在時間でしたが、店主は温かく歓待して下さいました。

 

【マスター】

 

店主は男性の方で、おひとりでお店をまわされております。

僕の様々な不躾な質問にも(家賃はいくらくらいか?など)、丁寧に笑顔で楽しそうにお答えいただき、「人(にん)」の良い方だなと感じました。

 

【本】

 

店内は10畳前後のスペースで、本が所狭しと並んでいます。100や200ではありません。店主が数年かけて集めた本らしく、本棚を眺めていると「本が好き」という想いが伝わってきて、「本好きな」僕も嬉しくなります。漫画や、ベストセラー本、片やみすず書房の本など、バリエーション豊富な本棚です。それらの本は店内で自由に閲覧できます。特に福祉系の本が充実しており、どうやら店主の前職とのつながりも、関係しているようです。大雑把にですが、「福祉」の仕事に興味のある僕としては、今後店主に伺ってみたいことのひとつです。

 

【コーヒー・ケーキ・ピラフ】

 

メニューはしっかりと拝見しませんでしたが、昨日はホットコーヒーをいただきました。また、今日から始めるケーキを、特別にサービスで食させていただきました。コーヒーも、チーズケーキもおいしかったです。ごちそうさまです。明後日からは、お客様の要望に応えピラフなどの簡単な軽食も提供されるようです。

 

【店名変更】

 

また、明日、5月26日に店名を変更し、時間制であったシステムを止め、一般的なカフェのスタイルで営業されるそうです。店名は「カフェグレース」となります。コーヒーが220円です。かなり、良心的な価格です。

 

【汐入興隆】

 

汐入町にカフェが新たにできて、さらに本もたくさんある。嬉しいことです。店内には心地よい音楽が流れ、絵が飾られています。僕が特に良いと思ったのは、店内にパーテーションが多く使用されている点です。お客様同士の間に仕切りがあるため、安心してのんびりできそうです。

 

また行ってきます。