品貧生活研究所

目標︰アルバイト卒業【1L2CK.YOKOSUKA】(イベント・レンタルスペース)/毎月第三土曜日【贈与喫茶Mr.エレファント】(無料カフェ)/毎月最終土曜日【哲学カフェ横須賀】/【なんでもやっとうと?】(便利屋)⇒「あなたの小銭が必要です」

190525

『祭りの準備』

祭りの準備に顔を出す。みんなで紙を折る。みんなで同じことを、同じ場所でやる。男は手を動かしながら、口を同時には動かすことができない。だから、黙って折る。なので、誰かが話しかけてくれると、手を止め、口を開く。ここでは、それをやっても、許される。男は安心を覚える。一方で、手を稼働させながら口も同時に動かさなければ、叱責される「場」もある。男は緊張する。嫌な汗をかく、嫌な臭いを出す。ただ、男も男で、ここはそういうルールの「場」であることを徐々にではあるが、受け入れつつある。適応できるようになっているように見える男を、男は見る。ただしあくまでも、つつである。つつがなくは、まだまだやれない。だから常に緊張し、不安である。今朝、隣町では祭りが始まる。さあ、祭りの季節だ。不安な季節である。