品貧生活研究所

目標︰街中に古本屋開業。小ナリワイ実戦研究中。汐入連合体育振興会副会長。横須賀市(神奈川県)⇔旭市(千葉県)の二拠点生活中。

芥川龍之介から人生の一発逆転を考察する「弱き」羊たちの群れ

どうも。

行ってますか?

海外。

外国は良いですよ。一度、今・ココから離れることで、自分を振り返ることができます。見知らぬ土地で、知っていることは唯一、自分のことです。自分の、これまで、これからを顧みるには海外旅行がオススメです。

さあ、パスポートを申請しに行きましょう。

【羊たちとの遭遇】

僕、15歳の頃ニュージーランドに行って以来、海外旅行ってしたことないから、外国っていうと、NZしか知らないので、僕の内の外国はニュージーランドで、ほぼイコールです。

高校生で、ホームステイで、二週間僕はそこに居ました。その頃の自分と、今の自分は倍以上に齢が離れてるけれど、仲良くできる気がします。

ベットを抜け出して、パパとママにバレないように外に出た。夜中の草原で、羊たちと対峙したあの時は、ニュージーランドにおける僕のハイライトでした。

何百の羊たち

当時僕、イケイケだったからwww

圧勝でした。

奴らの怯えた眼は忘れていません。

今の僕の眼と、同じめに、なっている。

【もう一つのハイライト】

羊たちを俺一人で、ジリジリと柵の端まで追い詰めて、轍のように逃げていく奴らの姿に満足した僕はベットに戻りました。勝利したことへの高揚で眠れない自分を諌めるには二つしか選択肢はありませんでした。ケータイも、スマホも無い時代だから、まずは、MDウォークマンでロックを聴く。『童貞ソーヤング』というですねwww、当時流行ってたバンドの新譜をですね、クラスのラグビー部のやつに頼んでディスク落としてもらってですね、ニュージーランドのベットの内で聞いてたんすんよ。

たしかですね、

「あ〜、今夜も僕は、あの娘汚したくて、瞳、閉じるうぅ〜♫」

で始まってさwww

全然笑うとこじゃないんですけれども。

んで、

サビんとこの少し先の歌詞が、

「一発やったら死ねるか?一発やったら終わりか?」

って、問いかけがあるんですよ。

なんかパンク・ロックって、問いかけばかりで暑苦しくないですか?はてなブログやってるのも、パンク・ロックの影響かな…。

そして、それは今だから言えることで、当時の僕には持ち得ない応答なんですけれども、

「そうではない。そうではないのだ!」

と、POPな星野源みたいに成りたい、僕は応えることが出来るのです。

【夢?その危険なもの】

要するに、一発、でかい花火を人生で打ち上げることが出来たら死ぬることができる、という、許しが自ずから出るのか?という、答えはきっと、無いが、「応え」😅はあるよね?

羊さん?

という、イベントの宣伝メモ。

よろしく〜

f:id:fuchiwakitsutomu:20190520150447j:plain