品貧生活研究所

目標︰街中に古本屋開業。小ナリワイ実戦研究中。汐入連合体育振興会副会長。横須賀市(神奈川県)⇔旭市(千葉県)の二拠点生活中。

散文的な、余りに散文的な、3分

三分で読める文章を書きたい。

でも、書けやしないことへの許しを、あなたに要請する。

 

[ちゃんと泣ける男の人が好き]

 

あたしの内の、女の子が言うの。

あなたは知ってる?

あたし、フロイディッシュな子なの。

 

ちゃんと、泣ける、男に、僕はなりたい

 

映画『マイ・バック・ページ』の台詞なんだけど。

ラストでさ、妻夫木君が泣くんですよ。

でさ、笑うのよ。

 

ちゃんと泣ければ、ちゃんと笑えるんだ…

 

32にもなって、ようやく分かってきた。

 

「フチちゃん、でっけえどー」

 

世界は世間は横須賀は。

 

10年遅いんだな、俺はいつも。

遅れて来た青年ってか。

 

[俺の愛した横須賀の海]

 

海がある。山がある。風がある。

 

横須賀のやさしさに抱かれまくってる。

あたいは、やさしさやりまん、ってか。

ママ、あたしが、アバズレて、何が悪い?

ママはママで。

あたしはあたし。

今日は今日。

 

クレイジーやけん?

 

僕もママに負けないくらい狂ってるよ。

 

[何故書くの?]

 

忘れたくないの。

貰った言葉を。

やさしさを。

すぐ忘れちゃうから。

お酒呑むと。

 

[僕のママたち]

 

色んな「ママ」に甘えてる。

よしよしと、頭をなぜて貰ってる。

さみしいから。

 

[今日のママさんがくれた言葉]

 

あたし、いっつも、「BLUE」って、「NOTE」、に書き留めてるの。書いたら少しだけ、楽になるから。ほんと言うと、言葉なんていらないって、燃えるゴミの日に(汐入町は火曜日と金曜日です。横須賀の皆さん、曜日は守りましょう!)捨ててよって、知ってるよ。こんなのいくら書き連ねたって、何処にも辿り着けないって。早く止めたいよ。でも、今のあたしには、これしか、やりようがないから。使わせて。

 

10年で、降りるから。

 

「人の中に入っていけば道は開けるよ」

 

ママさん、ありがとう。

サービスの珈琲もありがとう。

 

[「自分」を差し出す]

 

自分を出すこと、明け渡すこと、差し出すことで、それで「謙虚」に成れるなら、それで「人を見下さない」自分に「慣れる」のならば、何だって出して生こう。素っ裸のお盆芸で小銭が貰えるならば、貰えなくとも、どんどん服を脱いで生こう。んで、「全力おじさん」を演ってやろう。弱いやつほど、よく吼える。がおがお。寅年だから。

 

[ニーチェパイセン]

 

《聴いた話》

 

ニーチェ先輩のたとえ話

 

1、羊の群れの楽しみ

2、トラの噛み付き期

3、無邪気な子ども

 

おそらく、ニーチェの「超人」思想のやさしい説明話として、その人は僕にこの話をしてくれたのかな。段階的に、変われとの、メッセージかしら。すぐに、自分よりも大きなものを引っ張ってきて、自分を大きく見せるために援用する(特にニーチェなんて)のはちょっと、嫌だけども、僕はどんな風に受け取ったかと言うと、

 

羊の群れの楽しみ⇔トラの噛み付き期⇔無邪気な子ども

 

と、行き来可能な、同じ地平かな、と。

 

[羊男たち]

 

自分と似たひとたちと、一緒に居ることは、居心地がよい。癒される。何もしなくても、無理に口を開かなくても、そばに居ましょうや。舐めたきゃ、互いの傷でも舐めりいいさ。自分が好きなひとたちと一緒に居たい。

 

⇒1L2CK.YOKOSUKA,贈与喫茶Mr.エレファント

 

[噛み付き合い=感情の発露]

 

ルールのある、ゲーム空間で行われることが健康的だと思う。試合が終わったら、握手みたいにさ、ラグビー精神よ(注)。「ワンホアオール…(中略)」。言語ゲーム、概念滾らせ(たぎらせ)空間の現出。

 

⇒哲学カフェ横須賀

 

(注)横須賀市スポーツ推進委員としてのアナウンス

☆ラグビーワールドカップ横浜開催(2019年9月~10月)20ヶ国が参加

☆スポーツ!本を捨ててスポーツ!!

☆健全な肉体に健全な精神は宿る

 

[子どもに戻るために]

 

無邪気な大人って、良い顔してる。そんな顔を僕はしたい。どうすればいい?猫か犬か子どもを飼う事でしょう。でも子どもはペットかい?子どもは親の所有物かい?(中略)で、自分の子どもでは無い、町内の子どもたちと僕は、遊んで貰おうと思っている。無料で。

 

⇒横須賀市スポーツ推進委員

 

[統合への試み]

 

ナラティブ(物語)の力を借りて、分散する、散文する「個」を繋げたい。点と点を結ぶ歪曲で卑猥な線を僕は引きたい。定規は使わずに、フリーハンドだ。我が生と、世界を繋ぐ。最後の時を迎えるまで。だから、少し、ヤクザに関連を構築させたいのだ。つなぎ部分は多少乱雑でも、溶接って難しいんですから(溶接仕事三日間やりました。もっと溶接やりたい。火傷だらけだけどかまわない)

 

[3分]

 

3分で想いを伝えることできる「歌」のような表現を持ちたいと、最後に無理やりに表題と繋げる。明日は、缶・ペットボトルの回収だ。我が街、汐入地区のお話。


f:id:fuchiwakitsutomu:20190520011747j:plain

花は祝福の死骸