品貧生活研究所

目標︰2023年3月末、街中に古本屋開業。小ナリワイ実戦研究中。汐入連合体育振興会副会長。横須賀市(神奈川県)⇔旭市(千葉県)の二拠点生活中。

応援料

どうも。

頑張ってください。

僕も頑張ります。

負けませんよ。

【ことばの好み】

好みがあります。どうしても。好きか嫌いか。松本人志さんの、本の通り、好きか嫌いか。それだけを基点にシンプルにひととも、自分とも向き合いたいと常々思います。

【お金を貰うことに覚悟を持って】

お金を得るには命を削る必要があります。だから、お金をいただくことには、すべからく覚悟がいると思います。それは間接的に命をいただくからです。しかし、その構造にはひれ伏すポーズが付いて回ります。だから、僕は気が狂うまで会社に固執せざるを得なかったのかなと、今は思います。悪い意味での、カネの力を身を持って体験しました。

会社員としての立場以外にお金をいただく機会がつい、一月前までありませんでした。源泉で徴収されない、スタイルで働かせていただくことが無かった。だから、今は、非常に新鮮で、かつ興味深いです。しかし、やはり、どちらにも、通底するのは、

資本

隷属

ジツニ、オモシロイ

【何でもいいことば】

僕はこれから(明日から)、(僭越ながら)ある種の覚悟を持って、ひとから金をいただく所存であります。何卒、よろしくお願い申し上げます。

で、例えばレンタルスペースの場合、「ショバ代」と言いますか、「参加費」、「使用料」、「費用」等、お金を貰う際のアナウンスとして、ことばを選ばなければならない。

「何でもいいよ!」

分かります。

でも、そういうひとことひとことに、かかずらって、ためらってでないと、僕は生けないんです。質なんです。たちが悪い。非合理的人間。

【嫌いなことば】

しっくりくることばは、まだ、ありません。

でも嫌いなことばならあります。
《ドネーション》というやつ。
なんでかやな感じなんですよ。

【ドネーションをいただく】

かつて、ここ(1L2CK.YOKOSUKAもしくは品貧生活研究所)で、家の修繕会のようなものをやった時に、「ドネーション」ということばとともにお金をいただきました。凄く嬉しかった。恩を、感動を次に送りたいと、次回以降に来てくれた、別の方への交通費補助として、有り難く使わせていただきました。

その後も「ドネーション」ということばでもしくは、「カンパ」ということばで、お金をいただく機会もありました。忘れられません。

ただ、もっと、
気持ちよく?
いただけることば?
は、無いですかね?

そもそも、

気持ちよくお金を受け取るって?

⚠なんとなく。大きく。

【応援料】

フェイスブックで、見知らぬひとが、ドネーションに替わることばとして、「応援料」と記していました。なんとなく、妥協して、百点ではないけど、しっくりはこないけど、まだ「応援料」の方がいいかなと、おことば借用しました。無断で。

【プロ】

自分はプロになりたいのか?
なにかのプロにならねば、金は貰えないのか?
そうかもしれない。
そうではない。
気もします。

応援するなら金をくれ!

結局、それか。

もー、紋切り!

f:id:fuchiwakitsutomu:20190517131439p:plain
贈られたことば。
「創」のことば(漢字)については…、夏の記憶と共にいつか書きたい、あの怒り😡

またまた!