品貧生活研究所

目標︰2023年3月末、街中に古本屋開業。小ナリワイ実戦研究中。汐入連合体育振興会副会長。横須賀市(神奈川県)⇔旭市(千葉県)の二拠点生活中。

ゲキシバ(激縛)の世代

どうも。

最近どうですか?

縛ってますか?

ロープワークの方です。 
南京結びとか、覚えなきゃならねぇ。

【提案という名の拘束あるいは自縄自縛】

ひとは孤独だから色んなものと、結びついていたいのだと思います。その証左が僕でしょう。

「会いに来て!(僕は行かないけど)」

保険を打つ発言原理というか、要するに、自分が傷つくことを最も恐れている、腰抜け、卑怯者。フォローするなら、人間らしい弱さの持ち主。

自分で自分の手綱を握れないから、他人の手綱を自分の腰と結びつかたがる。もしくは、マカロニウエスタンのカーボーイ、あの輪っかで、他人の足を引っ張る。それが、生き甲斐となっている。
⚠『バック・トゥ・ザ・フューチャーⅢ』の、マーティーを観てください。

【そうはイカのキンタマ】

甘言なんですね。意識か無意識かは、おいといて。他者をコントロールしようとする時に使われるものは。だから、優しさってなんだろう。一筋縄ではいけないんだ。分からないんだ。逆に、暴力や厳しい言葉を用いて、他者をコントロールする方法もあるから。だし、非難できない。だって、僕だってそうだから。

【根底にはいつだってさみしさ】

さみしいのだ。と、思う。

それは、生きることの哀しみからくるものなのか、自分で自分を生きられないこと、生きていないこと、生きることを諦めたことからくるものなのか分からないけど。

だから、「他者を思い遣る」ことの可能性を探ると、悲しくはないけど、「金」に行き着く。
⚠あとは祈り。  

目に見えないものの弱い時代(霊性≒太陽とか月とかお星さまにありがとう!今日も一日頑張るよ、ありがとう!的な) 
目に見えるものは強い。

お金は強い。

これは、凄い…ほんと。

だから、谷戸には、

隷属行進曲が鳴り響く。

アメリカの朝8時のやつではなくて。

ぷっぷ、ぷー♪

令和の令は、奴隷の隷。

もしくは霊性の霊。

【金はいらないから、ノートパソコン買って】

パソコン欲しい…。でも金使いたくない。

【世代論・時代論】

生まれる元号が悪かった…(昭和)

【ジェンダー】

あたし、お婿さんに行きたいの…(ファイト!)

【社会学の地平】  

お前が悪い。
それは認める。
でも社会も悪い。
だから、あなただけを責めないで下さい。

社会の中に自分を置くとき、目には見えないし、不安定で頼りないものかもしれないけれど、自分ではない、その他無数の「自分」たちとの、結び目を作ることで繋がることができる。自分の心一つで、勝手に繋がれる。それが、たとえ選民意識や色やシンの好みや血のバリエーションなどの差異を拠り所にする、アン・スタイリッシュだったり、ヘイトな結び目であったとしても、僕は、それであなたが生き延ばせるなら…と、容認したい。てか、そんな緩さや人間の弱さを要請したい。それは全て自己肯定のために。

難しいとか、まともではないとかは、分かります。
僕の中にも社会はあるから。強く根を張っている。
だんだんとようやっとそれだけだったようたい(様態・幼体)を薄めていっている岐路にある身ではあるけれども、消え去ることはないし、その気もない。

要諦は折り合いだ。

私は「ペイント薄め液」になりたい。

【谷戸から見えるもの】

馬鹿とハサミは使いようと言いますが、誰かうまく使って欲しいと(イライラさせるけど…)、東京を跨いで遠く光る、ディズニーランドの花火に祈る。

f:id:fuchiwakitsutomu:20190504220649j:plain
右は地球爆発の光。真ん中はメルキュールホテル。下は目標。
f:id:fuchiwakitsutomu:20190504221014j:plain