品貧生活研究所

神奈川県横須賀市汐入町の谷戸(自動車の入れない階段を200段登る)における、「品」と「貧」の共存を目指す生活を研究し、その成果を報告する在野機関。研究所にカフェの併設を目論む。

手元日誌:適性検査

どうも。

覚えていますか?

【試験官の言葉】

「正直に答えて下さい」

(やだな〜)

「それが、あなたのためです」

(そうだな)

【教習1/4】

「…最後に、何か分からないことはある?」

(俺は何が分からない…?)

「君は自分の言いたいこと言えないタイプでしょ?(笑)」

(!!!。あの紙見てないはずだよな…)

【教習2/4】

「君は同時にやろうとしてるから、エンストするんだよ。僕(教官)の運転には《間》があるんだよ。一つ一つの操作に。同時に操作しているようで、一つ一つの動きに《間》がある。そうすると、テンパらずにスムースに動けるよ。分節を作るんだ。」

【適性を知る】

f:id:fuchiwakitsutomu:20190412112918j:plain

自動車運転は人生である。

失敗が生まれても、止めては、生けない。



また〜