品貧生活研究所

神奈川県横須賀市汐入町の谷戸(自動車の入れない階段を200段登る)における、「品」と「貧」の共存を目指す生活を研究し、その成果を報告する在野機関。研究所にカフェの併設を目論む。

手元日誌:大工見習い:「先」を見る

週に4,3日であるが大工の見習いをやっています。
住み込みで。
三浦半島のお隣。
半島の、「先」。

遠くて、近い。

いつまでやるのか。
やれるのか。
分からない。

1年なのか10日なのか、はたまた10年なのか。

仕事は辛い。
怒鳴られる。
息がアガる。
服が汚れる。
体が疲れる。
煙草を吸う。

「先」は、暗いようで明るい。
逆もまた然り。

半年は黙って、「先」から目を逸らさない。

そういうものだと、言い聞かせる。

f:id:fuchiwakitsutomu:20190410114516j:plain
→「見て覚えろ」研究テーマがまた一つ増える