品貧生活研究所

神奈川県横須賀市汐入町の谷戸(自動車の入れない階段を200段登る)における、「品」と「貧」の共存を目指す生活を研究し、その成果を報告する在野機関。研究所にカフェの併設を目論む。

草案:哲学カフェ・デ・谷戸「人生相談は哲学である」編

どうも。

相談しよう、そうしよう

【スタイルの設定:中心人物もしくは群衆招聘】

案1:1人ゲストを招きその人に相談をする
(きんじょの、市井の人)
(遠くの、特定の人)

案2:車座となり複数形相談

【テーマ】

案1:仕事論「なんで人は働くのよ」

案2:家計簿診断を叩き台とした金論
「なんでそれを買うのよ」

案3:意味論「なんで生きてんのよ」

案4:モテ論「なんでもてる人ともたざる者その谷間をうつろうのよ」

案5:障碍論「なんでそれが邪魔するのよ」

案6:勇気論「なんで一歩前に踏み出せないのよ」

案7:過去論「なんであの頃を忘れないのよ」

【会費】

130円〜300円

【持ち物】

飲み物

【日程】

土曜日
13時〜16時

【場所】

品貧生活研究所→てか!

【実施日】未定


またそのうち。