品貧生活研究所

神奈川県横須賀市汐入町の谷戸(自動車の入れない階段を200段登る)における、「品」と「貧」の共存を目指す生活を研究し、その成果を報告する在野機関。研究所にカフェの併設を目論む。

灰色を、名のる

どうも。

調子はどうですか?

今にみて〜ろ〜。

【まっとうな大人】

筋の通った大人と話しだすと、はぐらかして、逃げ出す、クセが、僕にはあるようです。30数年間で身につけてきた。白か黒か、なんにつけても、はっきりとした色と対比されると、どうしても自分の色の弱さが露呈して、負けます。ていうか、猫背の僕は、胸を張った大人と勝負すらできません。

「このままで、どうするの?」
「君は逃げ続けるのか?」
「ふんふん、頷くだけで、何もしないんだろ?」

おっしゃるとおり。ぐぅ。

【あしたのジョー】

白か黒か、分からないんです。決められない。

だから、灰色を名乗ります。

わいは、灰色や。

逆に、燃え尽きるのを目指す的な、二重の想いを込めて。

【灰汁を出す】

今もそうです。

灰汁を出しています。

白や黒になるためではなくて。

立派な灰色となり、大人の仲間入りよ。

「この、コウモリやろう!」

引き分けを、目指して、帰ります。

また!