品貧生活研究所

神奈川県横須賀市汐入町の谷戸(自動車の入れない階段を200段登る)における、「品」と「貧」の共存を目指す生活を研究し、その成果を報告する在野機関。研究所にカフェの併設を目論む。

草を刈る 

f:id:fuchiwakitsutomu:20180910195315j:plain

刈り前

 

~なななつのこと

~な、7つのことを考える宿題が出ました。

要するに自己分析です。

 

例えば「人生で叶えたいこと7つ」とか、

例えば「好きなこと7つ」とか、他。

 

根っからの自己啓発人間なので、こういうの大好き。

して(そして)、嬉々とエンペツを進めながら、思うことは、ワークショップとか、習い事の利点は「強制力」と「自分への言い訳」だなということです。

 

こういう自分の人生の棚卸的な作業は、より良い(良くなくてもいいのですが)「職」を得るために必要なことなのです。有益です。そのように、自分探し系の自己啓発本には書いてあり、ご丁寧にも記入欄空白付きの自問自答ページまで用意してくれています。実際に「今」書いて見ましょうとか・・・。

 

*A4にコピーしてお使いください。

 

とか、あたたかい著者(成功者)のお気遣いの御心と共に・・・

 

Q1:明日人生が終わるとしたら、あなたは誰と何処で何をして過ごしますか?

 

 

Q2:今、部屋にあるお気に入りの調度品を3つ書いてください。また、そのモノにまつわる思い出も(あれば)書いてください。

 

 

Q3:あなたの人生の最大の「谷・底」を教えてください。また、それをあなたはどうやって乗り越えましたか?

 

 

Q4:あなたが今までの人生で一番嬉しかったことは何ですか?また、その気持ちを誰に伝えましたか?(*さらに成長したい人は*逆に今までで一番辛かった経験は何ですか?そして、それを誰に相談しましたか?)

 

 

Q5:1879年人工言語(AL)が始まり、1956年人工知能(AI)が始まり、1987年人工生命(A Life)が始まりました。次の時代は何ですか?

 

 

↑それっぽく書いてみましたが、大体こういう列車に乗っかると終着点は、

・人は一人では、

生きられない

・愛と感謝

・好きなことをして生きよう

みたいな、ちゃんちゃらちゃんなところで、列車から突き落とされるのです。

 

本日の上り方面はすべて終了しました

 

~~~

 

以上の考察より、1冊1500円で買った自己啓発本に、律儀にボールペンで書き込みを入れるヤツなんて、やばい奴か、おめでたい奴しかいないと思うわけです。普通、自意識が邪魔して、恥ずかしくて、そんなことやらないわけです。そんな本も、良識を持った大人は書店のレジに持っていけねえし。「変わりたい自分」とは恥ずべきものです。そもそも今の自分を恥じているわけですから。

 

長くなりましたが、そういう自意識過剰をワークショップや習い事は取り払ってくれます。一時的に括弧にくくってくれます。金を払っているというのが、なんとも味噌なのですが・・・。

 

・照れくさいけど、正直に自分の過去やこれからの想いを書いてみようよ。

・みんな発表するしさ(←ケツの見せあいっこ)

・だって宿題だもん。宿題はやらなきゃ。

・みんなで渡れば赤信号も・・・、

青になるよ!

・頑張ろう!

 

照れるでしょうよ、普通。

だって、普通のみんなはこんなこと考えなくたって、幸せ(そう)なんだから。

 

でも、結論的に言うと、照れないで綺麗ごと(理想)を言いたい

 

ねじ曲がった人間(私)から言わせると、変態ですよ。

恥知らず。

親の顔が見てみたい。

 

~~~

 

しかし、私は冷笑主義者から転向したいのです。

だから、臆面無いのです。

「サイコパ●」でしょう。

 

(冷笑主義の癖なのでしょうか、私は「カッコ」と自己突っ込み=言い訳、が多い)

 

だから、まぁ、うれうれと、6個の課題を記入していったのです。

が、一つの項目だけ、埋められないトピックスがありました。

 

他人から頼まれること7つ

↑まったく、埋まらない。

「好きなこと7つ」や「過去に困ったこと7つ」とかは、サラサラと埋まったのですが、上記の7つは無い頭絞っても出てこない。これを買えとか、あのライヴとか、かのイベントどうですか?との、ダイレクトメールは来るのですが(AIコンピュータが送っているのか)、それは単なる消費者ですよね。

 

そもそもが人に「恃まれる」ような人種ではないのですよ(泣)

 

~~~

 

そんな自己嫌悪に浸るある日、ミスター(隣人)が、

 

「フチ君(私)、草、刈ってくれない?」

 

「・・・(一つ、宿題が埋まった)」

 

f:id:fuchiwakitsutomu:20180910210916j:plain

草刈り後