品貧生活研究所

神奈川県横須賀市汐入町の谷戸(自動車の入れない階段を200段登る)における、「品」と「貧」の共存を目指す生活を研究し、その成果を報告する在野機関。研究所にカフェの併設を目論む。

隊長と疑似家族inよんの国

8月24日「サイズの合わない靴」

安物買いの銭失いを体得した。

 

vs良いものを永く使おう。

その二つばっかで、つまんね。

週一回は不買デーを設けましょう、とインフォメーションする節約賢こママ雑誌をカフェで読む。ヤリ手ママたちの、その横顔。或る者は斜め前方上段を眺め口元を緩め、或る者は、猫を両手に小顔効果。夫の手取りと学資保険の調整者達のツヤツヤの肌にあこがれる。「た、楽しそう」。

サイズの合わない靴は視線を下げる。

視線をそのままに、駅へ向かう。

8月25日「匂いとその実相」

匂いに釣られてババを引く。

それまた勉強と知る。

到着。

8月26日「河の底」

河で泳ぐ。

魚と泳ぐ。

ゴーグルを買う。

8月27日「夜の底」

河で泳ぐ。
魚と泳ぐ。

夜、起きている。

8月28日「到着の朝」

お湯に入り、茶を飲み、塩水が流れる。

 

f:id:fuchiwakitsutomu:20180828143628j:plain

 ↑高知県に行ってきました。行ってよかったな、と思いました。

遠くに、電車が走ります。