品貧生活研究所

神奈川県横須賀市汐入町の谷戸(自動車の入れない階段を200段登る)における、「品」と「貧」の共存を目指す生活を研究し、その成果を報告する在野機関。研究所にカフェの併設を目論む。

寄り合い追加、後援、決定!

2018年6月16日土曜日で寄り合いという名のボロ屋修繕協力者を募っておりますが、

一週間前の、9日土曜日も募集します。

奇特な方の出現を待っております。

 

人からの「恩」をどんどん借金して、その人ではない誰かにその「恩」を返してみたい。

 

実験実験実験。

 

ステップ&ステップ&ステップ。

 

~~~

 

死んでいった彼が、返したいと言っていた、「恩」の負債を、

どんな「恩」だったのか俺は知らない。

けれどその負債を、肩代わりして、引き受けて生こう。

そう想う。

彼=「生まれ持った太陽」には、なれないけれども、

彼の発する「あたたかさ」を確実に僕は貰った。

その熱を冷まさぬように、自分の微熱を足して、後天的太陽を目指す。

 

それが僕の、彼への礼節だ。

 

僕の中に生まれた、彼のようになりたいという憧れの想い。

純粋にそれは今、僕の生きる糧である。

「あこがれさせてくれる」ことが僕を生かしている。

 

f:id:fuchiwakitsutomu:20180524202741j:plain

↑前回の寄り合いに来ていただいた女性が描いてくれた家のラフスケッチ。

プロの方だったのでほんとに「さささっ」と描いてくれて、絵心ゼロの僕は感激しました。