汐入谷戸品貧(ヒンヒン)生活研究所

神奈川県横須賀市汐入町の谷戸(自動車の入れない階段を200段登る)における、「品」と「貧」の共存を目指す生活を研究し、その成果を報告する在野機関。研究所にカフェの併設を目論む。

第三回寄り合い、互助者募集

2018年6月16日土曜日10時~17時、神奈川県横須賀市汐入町3-80-10

汐入谷戸品貧生活研究所にて寄り合いを開きます。

 

第1,2回は既知の方と、そのご紹介の方にご協力いただき、お茶会、庭の剪定、壁修繕、台所床張り、ご近所の草刈などにご尽力いただきました。

 

今回は未知との遭遇を試みようと、この場とフェイスブック、チラシ、看板などで告知してみます。

 

「DIY」「古民家(廃墟)修繕」「プチ移住」「貧乏」「暇」「谷戸」

などにピンときた方、是非お待ちしております。

 

内容は、引き戸・網戸修繕、部屋の解体、屋根裏探索などの家の修繕です。が、お茶会という名の、おしゃべり「場」の現出が私の、しゅに、望むところであります、ため、ふらりと(階段200段登るので、気軽にどうぞとは言えませんが)来てくれる人がいたら嬉しいです。

 

第一、二回ともに、言えるのは、同じベクトルで生きている人たち(大雑把に「自給自足」とか「資本主義的でない」とか「心身の健康」などに興味がある)が集まってくれてて、僕も居心地が良く、皆さまもまたそのように見受けらていまして、その、僭越ながら「なかなかええ場ちゃうん」と思います(私は西の生まれです)。

あと、だって、けっこうマイノリティーだから。

 

参加費は0円。お昼ご飯は各自。

 

交通費・お昼代等にお困りの方がいましたら、潤沢なペイフォワード金がございますので(5000円)ご遠慮なくお申し付けください。

 

お申し込み・お問い合わせは090-6563‐2482へショートメールか、stawegi0901131905@softbank.ne.jpまでメールをお願いします。

 

f:id:fuchiwakitsutomu:20180520204333j:plain

家の屋根裏から発掘されました