品貧生活研究所

目標︰2023年3月末、街中に古本屋開業。小ナリワイ実戦研究中。汐入連合体育振興会副会長。横須賀市(神奈川県)⇔旭市(千葉県)の二拠点生活中。

身体が動いた記録

どっか行ったり、誰かと会ったり、なんかしたことの記録。すぐ忘れるから、忘れたくないから、書いて、忘れる。

メタファーとしての天井

隣に誰か居てくれたから 天井を抜いて 変わろうとした・変えようとした ホコリやツチが降ってくる 頭の上に乗った誇りを 冷たい水で洗い流す ガスは止まったから・止めたからキョウキが無ければ人は誰も争わないと思います。だってそれは、余りにもアホらし…

昔のひとたち

パン屋の頃の、一緒に働いてくれていた仲間と、四年ぶりに会いました。僕は社員で、皆さまアルバイトの方です。如何に、あの頃の僕が、皆に気を使わせていたか、王様だったかを再認識させてもらいました。それを認められることが、それを伝えていただけるこ…

僕のペーパーナイフ

海にアリストテレスがいる。 ⚠頭が散っているので、読む価値はありません。ただ、良い見世物は演れている自負はある。〜〜〜僕は、君のペーパーナイフを、探す手伝いをしたいのだ。君はなんのために生まれてきたのか。冷笑主義に陥ることに、君はもう飽きた…

沼にハマる快楽

初めて沼に入りました。 官能的でみんながハマるのも頷けます。 なかなか止められないのも、続けてしまうひとの多いことにも。わたくひ、下品な話や表現が大嫌いなのです。 でも、「いきそう」です。 色んな意味で。 そっち側に。田んぼに入らせて貰ったとい…

190613

『卒業検定マイナス50点以上』存分に持てる力を出し切った。 緊張もせず望め、確認も徹底した。 間違ったらすぐに、自分の否を認め、深呼吸して、ハンドルを握り直し、リスタートした。 そして目標の柱にぴったりと辿り着いた。 しかし、試験官は言う。「今…

190611

『「ま」の席』何年ぶりかに、amazonで買い物をした。禁・amazonを演っていたのだが、果たしてその数年間の成果や効果は、測りようがない。amazonのある人生と amazonのない人生とふたつあるならば。何年ぶりかのひとと会った。 何年か分の報告をし合う。 何…

190610

『抜けないからだ』YOFESTIVAL2DaysSO Many peopleSOMany alcohol came insideSOMany words,vomiting(嘔吐)(やめ)【六月の5日間】木︰労働→夕方の宴(ひ・ご馳走)→独壇場→次の日までカシスウーロン七杯金︰飲酒運転教習→人生を抉られる→合格→電車で寝…

やりきれなさの置きどころ

どうも。どうしてますか?わかんないんですよ。【良い加減】ちょうどの良い、スマートでエスタブリッシュメントなあんばいが分からんのです。ここまでは、言って良い、言ったほうが良い。ここからは、踏み込んでは、生けない。殺られる。そのー、何とも目に…

190608

『他人への心配』男も男なりに他人を心配する。その割合は1割にも満たないかもしれない。自分9割。で、あろうと見受けられる。ただ男は言う。ゼロポイントではない、と。その、たかが数%の他人への関心を、数%なのだけれども、その場、その場では、100%…

190601

『偽善もしくは、いなせ』街を歩いていて、気づいて引き返し、通り過ぎ、また引き返し、通り過ぎ、みたび戻り、スマホをやっているフリをしながら、「あれ?」と、今初めて気づいたようなフリをして、小銭を箱に入れる。「頑張ってください」とことばを添え…

190531

『ぶんまわし』 依存症体質を気に病み彼は、部屋を出ていった。退室である。次の部屋へ移っただけなのか、それとも、そもそもの大きな回転から、遠心力を持ちいて脱却したのかは、確認の術がない。彼はそうだ、ボール投げの距離が学年で一番だった。彼の投げ…

190530

『蛍』 夜中に歩くと蛍が見える。まだ、ピークではないので、数えるくらいにしか見えないけれど、きっと今から「光らん」と意気込むやつらは、その何千倍何万倍控えているのだろう。であっても、実際に光を放っているやつは数えるくらいだ。点滅(てんめつ)…

190527

『移動するアディクション』依存から抜け出して独り何処へやら。アディクションの皇帝様、王様気取りですな。健全なアディクションは何処に売っていますかな、みちゆくひとに訪ねる。「ハロー」。「こんにちは」。ムカつくぜ。英語には英語で応えろよ。ハロ…

スマホを置いて、ルート3経由、人波へ出かけよう

ひとなみになりたさは常の常で しかして足が掬われるため 浅瀬を歩く小さなしじみは採れますが 大きなしじみは採れますまい 「嗚〜呼」と心はしじまひとなみに入るは無理 うす 無理ッスギリシャ時代 数は有理数のみだったそうな 割り切れる数のみ、が世界 音…

ある土曜日の行動記録

起きる ↓ お茶を入れ全裸で庭先でタバコを吸う ↓ 蚊に血を吸われる ↓ 服を着る ↓ タバコを吸う ↓ 畳を分解する ↓ タバコを吸う ↓ 古本屋に行く ↓ 図書館でインターネットをやる ↓ 公園を通る ↓ アベックにムカつく ↓ タバコを吸う ↓ 古本屋に戻りタバコを吸…

190523

『不在の代償』「フチちゃん。世界はでっけ〜どー」。耳から離れないフレーズ。目から消えない記憶。意識から飛ばない日付。ちょうど10年前だ。「師が死んだ」。そして、当時の僕は、その事実から目を背けるように、その死を大袈裟に楽しんだ。そのオーバー…

190521

『ファイトクラブ』ブラピの出てる、最高にクールな映画『ファイトクラブ』の中盤のハイライトに、自問自答の自傷行為を通じて、生きる「覚悟」を決めるシーンがある。何百回と巻き戻して目に焼き付けたシーンと、ことば。そのシーンとは逆のベクトルである…

190516

『ヨガる声』僕の望んでいる世界や状態を既に体現しているモノに出会うと、緊張が緩み、和らぎ、しかし徐々に、その度合いが高くなるにつれ、警戒し、緊張する。自分が手にしたい、真のもののようなモノと、魔物の堺が曖昧になるからか、怯えが出る。目の前…

190512

『ペルソナ皇帝』仮面を付けることに、躊躇がある。本来の自分ではない役を演じることへの、恐怖とうしろめたさ、不誠実さが、喉を刺す。今日、鎌倉で、恵比寿で、僕はその地に居ただけで、ゆうき的なものを頂いた。ただ、居た。いた、だけ。で。仮面を厚顔…

190511

『全集を貰う日』隣街は歩かない。くっついてるけども。歩かないけど、知ってはいる。知ってはいるけども、知らない。知らない所には、未だ知らないひと、これから会うひとたちが息を潜めている。勝手に、潜めさせるのは、こちらの傲慢だが、確かにひとがい…

やり過ごし

やり過ごせた。嫌味ではない本音を1度きり口にした。相手も反応を示す。お互いに一瞬剥き出しになる。怖かった。自分を出してしまった。引っ込めなきゃと瞬時に感情が沸く。でも、すぐには引っ込めなかった。しばらく、留まることができた。出来た、できた。…

頑張る君に言えなかった言葉

どうも。大丈夫。腐ってた10代20代は今に繋っている。 無駄ではなくなる、これから。 今、君は、発酵している。 もう少し寝かせれば、誰かに喜んでもらえる、梅干しやヨーグルト、ウイスキー、キムチに成る。きっとその味はそんじゅそこらのコンビニで売って…

品貧生活研究所活動予定(2019年4月〜6月)

どうも。どうも、どうも。↓研究所前 (歩行者調査結果1日約7人。弊研究所調べ) どれかが当たれと、祈るだけです。また〜

西よりの使者

どうも。(天気が不安定でしゃーないですね。天気なんて、我々の生来、そういうものなのだけれども)雨降って地固まる、言いますが、あなたはどう思いますか?【東からの使者】1週前に、東より遣いの者有り。作為的挑発的言動有 然其彼生来的且後天的也 奈良…

「無職再考」帰宅

恵比寿の、バーで集まって、普段しない料理して、普段話せないことを話して、普段飲まない酒を飲む。私に与えられた特別な時間を享受しました。明日は無理でも、明後日は、起きれそうです。 ココロに灯が灯ります

三浦半島記

1月5日ドライブ葉山あたりの海岸を、あてもなく運転。車線に従いぐるぐると。葉山のお洒落海岸の道の狭いこと。歩行者、自転車の横を通ることのドキドキ。湘南国際村のだだっ広い駐車場。安全運転。1月6日人生相談①久里浜より来客。ブログを通じて、人と会え…

帰省

12月28日帰省 12月29日本屋巡り 12月30日餅つき 12月31日テレビ 1月1日おじいちゃんち 1月2日ドライブ 1月3日読書 1月4日上京帰省しました。食べて、寝て、テレビ観て、親戚に会って。実家の冷蔵庫には食べ物が溢れ、部屋の端には、当たり前ですが、隙間があ…

ナリワイ起こし 仕舞い編

ナリワイを起こす勉強会に半年参加して(計5回参加)←最終日に提出した資料より辿り着いた結論は、スタート時と同じで「不可」であった。今すぐにナリワイどうこうとは、ならなかった。ヘーゲルの小論理学を、昔読んだことがある。世界は、例えばAという物事…

帰宅:「おかず待ち食堂」「ミニマリストオフ会」を終えて

帰宅できる場を持っているからこそ、帰宅したい、帰宅したいと言いながらも、自分の意と反して、ふらつくことができていた。ホームを持つことは強みである。 ここや、この時は、自分が自分で、いることで間違いないと思える安心感を持てるからだ。揺らぎが静…

今、福

会いたい人が多すぎて 誰にも会えなくなっちまった* 会ってみたい人に会えた夜は、「福」を感じる。 「会ってみたい人」がいるのは、生きる理由になる。 でも、人に会えなくなる時が、誰しもあると思う。 (それは、死でもある) 自分のことでいっぱいで人…