品貧生活研究所

神奈川県横須賀市汐入町の谷戸(自動車の入れない階段を200段登る)における、「品」と「貧」の共存を目指す生活を研究し、その成果を報告する在野機関。研究所にカフェの併設を目論む。

寄り合い

ミニマリストのび太さん主催:第13回ミニマリストオフ会 感想

2018年11月25日、ミニマリストのび太さん主催のミニマリストオフ会に参加しました。今回は有り難いことに、私のご提案させていただいた企画を採用いただき、池袋のタマツキ(先週完全に減店した、たまにはTSUKIでも眺めましょ)にて、店主の髙坂勝さんをゲス…

おかず待ち食堂 感想

2017年11月25日のうちの写真 先週の日曜日、11月25日に、おかず待ち食堂を開催しました。「白米を炊いて待ってるぜ!おかず持ってきてくれよ!」てな試みでした。来てくれた!来てくれた!おかず、おかず、おかず!葉っぱ、葉っぱ!何か、小難しい理屈を考えてま…

帰宅:「おかず待ち食堂」「ミニマリストオフ会」を終えて

帰宅できる場を持っているからこそ、帰宅したい、帰宅したいと言いながらも、自分の意と反して、ふらつくことができていた。ホームを持つことは強みである。 ここや、この時は、自分が自分で、いることで間違いないと思える安心感を持てるからだ。揺らぎが静…

おかず待ち食堂について

11月25日に行う、おかず待ち食堂について書きたいと思います。僕の関心ごとを詰めた試みであると考えています。キーワードで言うと、「恩送り」「ペイフォワード」「贈与経済」「セーフティーネット」「未来食堂」「子ども食堂」「待つことの悦び」です。物…

【告知】11月25日「おかず待ち食堂」

米、炊いて待っています。 おかず、待ってまーす!参加費:おかずor落ち葉2枚日付:2018年11月25日(日) 時間:11:30〜13:30 場所:たまにはTSUKIでも眺めましょ 東京都豊島区池袋3丁目54の2予約不要(予約可) 連絡先 フチワキツトム fuchiwakitsutomu@outlook…

【告知】11月25日ミニマリストオフ会

ミニマリスト、のび太さんが主催されている、ミニマリストオフ会の会場準備、お料理準備、企画をさせていただきます。 詳細は以下のび太さんのブログ記事をご確認ください。 ↓ http://www.muji-nobita.com/entry/2018/10/10/000133 昨年の始めに、ミニマリス…

飲み会レポート:台風と対偶と遭遇

台風の夜。中央のKカフェにて寄り合いお食事会(飲み会)。台風の影響もあり、遠方の方々は残念だが来られなかったり、早びけなどで、皆さま横須賀民であった。対偶・・・②たぐい。なかま。【広辞苑第7版より】。皆さま、階段を200段登って廃屋(我が家)を…

お茶会レポート:ミスターチンと台風と奇特者

我が隣人ミスターチンは太陽のような男である。器の大きい、人物だ。実、背は低い。159㎝。恰好はルンペン。靴下の底にはゆで玉子位の穴が空いている。眉毛が入れ墨である。(中学2年の頃シンナーを吸っていた時に燃えたそうだ)歩くスピードは常人の半分で…

寄り合い募集 7月28日 真夏の:喫茶「どんずまり」 修繕編

文字通り、好き勝手にやって欲しいので、 (それは僕が好き勝手にやりたいからの裏返し) これこれをやります!!ってのは言いたくない。 しかし、理念にこだわることで、人が嫌な思いをするのであれば(たとえこちらに悪意がなくとも、それはまったく言い訳…

カフェごっこ

カフェ練習に付き合ってくださる、奇特な方々のおかげで。 自分を吐露できる、受け止めてくれるふところの深い方たちばかりで、大変にありがたかった。 歓待の喜び 「勘違い?」 「そんなことねぇや」 「それな」 ナチュラルテイストな一日、太陽の始まり、…

寄り合い募集 6月27日 パワーランチ編

↑畑作りを画策していた時期。右奥の倉庫が健在時 2018年6月27日水曜日平日ですが、横須賀汐入でランチをいかがでしょう。 ☆ついでに☆お庭のガーデニング体験はいかがでしょうか。 ランチは500円自己負担 ガーデニング体験は無料(一円も払いません) 白熱し…

寄り合い報告 マスターとの対話 畳編

大いなる破壊の後、宴を、横須賀中央のカフェKにて。 宴のために埼玉、千葉より駆けつけてくれる奇特な方々もおり、 大いに騒ぎ(私)、有意義な時間が流れる。 日をまたぐ。 ~~~ ・還る場所を増やす。 ・自分の還れる「場」を持つ。 誰かのための、そう…

寄り合い報告 200段カフェへの道

損傷の激しい部屋有りて、頭悩ます。 (*基本、全体的に損傷している) 床に土有り。 天に空有り。 AKB48総選挙、ロシアワールドカップに見向きもしない、漢(オトコ)たちの筋肉の躍動、汗のほとばしり、蚊への忍耐により、 道が開かれ、 ↑テラス席。 6月…

第三回寄り合い報告

自分で自分を承認することと、他人に自分を承認してもらうこと。 承認は「受け入れる」というニュアンスで。自分で自分を「受け入れる」ことと、他人に自分を「受け入れてもらう」こと。 どちらも大事で、互いに影響しあっており、同時に育むことが肝要であ…

寄り合い追加、後援、決定!

2018年6月16日土曜日で寄り合いという名のボロ屋修繕協力者を募っておりますが、 一週間前の、9日土曜日も募集します。 奇特な方の出現を待っております。 人からの「恩」をどんどん借金して、その人ではない誰かにその「恩」を返してみたい。 実験実験実験…

第三回寄り合い、互助者募集

2018年6月16日土曜日10時~17時、神奈川県横須賀市汐入町3-80-10 汐入谷戸品貧生活研究所にて寄り合いを開きます。 第1,2回は既知の方と、そのご紹介の方にご協力いただき、お茶会、庭の剪定、壁修繕、台所床張り、ご近所の草刈などにご尽力いただきま…

床あらわれ、天ひらける

床を持つ者は幸いである お陰様で台所に床が、約150日ぶりにあらわれた。 ありがたさを噛み締め、床のあることに驚き、茫然と立ち尽くす日々。 無駄に台所にたたずむことが多くなった。 人間、一度床のある生活を経験すると、もう二度と床のない生活には戻れ…

第2回寄り合い報告 「ドン」とシンク。不意、涙(ふい、る)

↑before 壊すのは簡単、一人でできる。 半月の間、もやもやした自身の想いや希望を「言葉」に押し込めようと、アタマを使って考えていた。 その間、走らずに、汗をかかず。 身体には限界がある。アタマには限界がない。 浪費には限界がある。消費には限界が…

第1回寄り合い報告 夢の残像編

2018年3月24日、小屋と飲み屋と古本屋が人を集めてくれた。 昔々、都内某所池袋に(青年)おやじが飲み屋を開いた。 おやじは「言葉」を発し、世界に呼びかけた。 その呼びかけに応答した者たちがおやじの元に集った。 その集(つど)い人たちもまた…