汐入谷戸品貧(ヒンヒン)生活研究所

神奈川県横須賀市汐入町の谷戸(自動車の入れない階段を200段登る)における、「品」と「貧」の共存を目指す生活を研究し、その成果を報告する在野機関。研究所にカフェの併設を目論む。

ナリワイ起こし イッパツ先生 マインドコントロール編

セミナー、勉強会と言うワードを聞くと、僕は「意識が高い」とか「ネットワークビジネス」という、やっかみや悪いイメージを想起する。 自己研鑽、自己啓発、「成長」は良いことである。 ただ、「金」の匂いや人間の「欲」の生々しい臭いがする。 そんな、人…

寄り合い募集 6月27日 パワーランチ編

↑畑作りを画策していた時期。右奥の倉庫が健在時 2018年6月27日水曜日平日ですが、横須賀汐入でランチをいかがでしょう。 ☆ついでに☆お庭のガーデニング体験はいかがでしょうか。 ランチは500円自己負担 ガーデニング体験は無料(一円も払いません) 白熱し…

寄り合い報告 マスターとの対話 畳編

大いなる破壊の後、宴を、横須賀中央のカフェKにて。 宴のために埼玉、千葉より駆けつけてくれる奇特な方々もおり、 大いに騒ぎ(私)、有意義な時間が流れる。 日をまたぐ。 ~~~ ・還る場所を増やす。 ・自分の還れる「場」を持つ。 誰かのための、そう…

寄り合い報告 200段カフェへの道

損傷の激しい部屋有りて、頭悩ます。 (*基本、全体的に損傷している) 床に土有り。 天に空有り。 AKB48総選挙、ロシアワールドカップに見向きもしない、漢(オトコ)たちの筋肉の躍動、汗のほとばしり、蚊への忍耐により、 道が開かれ、 ↑テラス席。 6月…

エンターテイナー

『この世には、存在しているだけで価値がある人間がいる。 自分がそうじゃない人間だという事は、ずっと前から知っていた。この世にあるすべてのエンターテインメントは、そうじゃなかった人間達が生み出した存在証明だ。』 ↑引用『オカンといっしょ』ツチヤ…

『ぼくたちは習慣で、できている。』 佐々木典士 感想

↑1,200円+税で、300P超え。前作(1,000円+税)同様。本、好きなんだな。 2年と3週間続けた禁煙の習慣を破ったのは先日のこと。 数日吸って、再度禁煙に入ったが、大丈夫だろうか。 スマホ断ちは約3か月。 今日、イオンモバイルでSIMを買い、断念。 ジムも…

怒遣い

失業保険が給付され始めた。 「お小遣い」と揶揄する人には、 「現政権に最大限の感謝を」と冗談とも本気とも取れる言葉を返す。 在り難い気持ちにウソ偽りはない。 でも、在り難さをすぐに忘れてしまう。 在り難さを常に感じられるようになるには、 「無」…

ミニマム・ライフコスト考

お金を使わない生き方に強い関心を持っている。「貧乏」であることに肯定的な憧れるを抱いている。それにもかかわらず、僕の生活は支出で溢れ、止めどがない。 以下家計簿より *端数処理 2018年2月1日~2月28日 住居費(修繕費) 0円食費 33,000円電気代 1,…

第三回寄り合い報告

自分で自分を承認することと、他人に自分を承認してもらうこと。 承認は「受け入れる」というニュアンスで。自分で自分を「受け入れる」ことと、他人に自分を「受け入れてもらう」こと。 どちらも大事で、互いに影響しあっており、同時に育むことが肝要であ…

寄り合い追加、後援、決定!

2018年6月16日土曜日で寄り合いという名のボロ屋修繕協力者を募っておりますが、 一週間前の、9日土曜日も募集します。 奇特な方の出現を待っております。 人からの「恩」をどんどん借金して、その人ではない誰かにその「恩」を返してみたい。 実験実験実験…

第三回寄り合い、互助者募集

2018年6月16日土曜日10時~17時、神奈川県横須賀市汐入町3-80-10 汐入谷戸品貧生活研究所にて寄り合いを開きます。 第1,2回は既知の方と、そのご紹介の方にご協力いただき、お茶会、庭の剪定、壁修繕、台所床張り、ご近所の草刈などにご尽力いただきま…

使えない男。

「そうか、西園寺、お前もけっこう大変だな。オレは金は無いが、時間ならある。話だったらいつでも聞いてやるし、酒が飲みたければ、いつでもつきあってやるぞ」 『稼がない男。』西園寺マキエ(同文舘出版)p41より引用 金、金、金。 金の話が大好きだ。 街…

電柱敷地料

2018年 1月4日:「電柱が家にあるんだったら、言えば、金もらえるよ」と、町内の方に教えてもらった。 何それ? 2月7日:「あのー、家の前に電柱があってですね、言えば小銭をいただけると、へえ、近所の人にうかがいましてその。その小銭をいただきたくお電…

貧すれば通ず。どこへ?

●「貧すれば鈍する」 貧乏になると頭のはたらきがにぶくなる。 また、品性がさもしくなる。 ●「窮すれば通ず」 行き詰まって困りきると、かえって活路が見出される。 ↑広辞苑第7版より はたして今までの人生の中で貧していた時があったかどうかを問うと、 「…

床あらわれ、天ひらける

床を持つ者は幸いである お陰様で台所に床が、約150日ぶりにあらわれた。 ありがたさを噛み締め、床のあることに驚き、茫然と立ち尽くす日々。 無駄に台所にたたずむことが多くなった。 人間、一度床のある生活を経験すると、もう二度と床のない生活には戻れ…